トップ > 文庫 >

川端康成・三島由紀夫往復書簡 まだレビューはありません

川端康成・三島由紀夫往復書簡
タイトル 川端康成・三島由紀夫往復書簡
著者/編集 川端康成/三島由紀夫
出版社名 新潮社
発行日 2000年11月
サイズ 文庫
ISBNコード 9784101001265
定価(税抜) 490 円
※販売店と異なる場合があります。ご購入の際は販売店をご確認ください。
作品説明 東大在学中の三島由紀夫は、処女小説集『花ざかりの森』を川端康成に送り、昭和20年3月8日付の川端の礼状から、二人の親交が始まる。文学的野心を率直に認めてきた三島は、川端のノーベル賞受賞を機に文面も儀礼的になり、昭和45年、衝撃的な自決の4ヶ月前に出された永訣の手紙で終止符を打つ…「小生が怖れるのは死ではなくて、死後の家族の名誉です」恐るべき文学者の魂の対話。
ショップで探す 楽天ブックス
スマホ・携帯で見る 川端康成・三島由紀夫往復書簡
  • twitter
  • Youtube
  • Flickr
  • ニュース
川端康成・三島由紀夫往復書簡関連のtwitterです
twitterは登録名にて検索しております。不適当な表示がある場合があります。 予めご了承ください。
川端康成・三島由紀夫往復書簡関連のYoutubeです
動画は登録名にて検索しております。不適当な表示がある場合があります。 予めご了承ください。
川端康成・三島由紀夫往復書簡関連のFlickrです
画像は登録名にて検索しております。不適当な表示がある場合があります。 予めご了承ください。
川端康成・三島由紀夫往復書簡関連のニュースです
ニュースは登録名にて検索しております。不適当な表示がある場合があります。 予めご了承ください。

Powered by Google



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*